我が子の芸大・美大受験について

娘が京都市立芸大に合格しました!

この1年間は私もスポンサー兼マネージャーにて、娘中心にサポート生活してきましたので、かなかなファクトリーをはじめ、他の仕事先でもスケジュール変更などで大変ご迷惑をおかけしてきました。そして親としてもなかなかのストレスの中、周りの人たちに沢山励まされ、応援していただき、なんとか無事に受験出来たこと、合格出来ましたことを心よりお礼申し上げます。

さて、我が子達の芸大進学への道について、少しお話させていただきます。今後芸大や美大へ進学を考えておられる方はもちろん、そこまで考えていないけど芸大美大ってどうなの?という疑問点のある方にも参考にしていただければと思います。

私はアトリエを主宰していますが、我が子が二人とも芸大に進むというのは不本意でした。それはただ単に、私の知らない別の世界を見てみたかったから、というのが大きな理由ですが、自分自身芸大に進んだことを後悔している訳ではありません。私は好きなことだけを選んでこれまで生きてこれたことは、両親には感謝しかありません。そんな我が子達にも好きなことを好きなだけさせてやりたいと思っていたので、勿論反対はしませんでした。

かなかなファクトリーでは『絵を教えない』をモットーにしています。こども達の持つ個性や表現力を一番大切にしています。
なので、我が子にも絵を教えたことはありませんでした。ずっと好きなように描いているだけでしたので、受験生になって初めて技術を教えました。

結果、息子も娘も芸大に進んだわけですが、二人は違う方向から違う芸大を目指しました。

息子は勉強ができない訳ではありませんが、あまり勉強好きではなく、ずっと好きな絵を描いていたいというタイプでしたので、高校から美術造形科のある港南造形高校に進学し、我が母校の大阪芸大のデザイン科に進みました。そしてデジタルメディアを専攻していましたので、この春からテレビ局に就職し、ウェブデザイナーになりました。

先ず、息子の進学した美術系高校では、毎日美術の実技授業があります。そして港南造形高校では1年生ではひと通り、美術、工芸、デザインの基礎(デッサン、油画、彫塑、色彩構成など)をします。その後、2年生にはその中から3つの科目を選択します。うちの息子の場合は、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、木工、を選んだようです。そして3年生にはグラフィックデザインに絞って、受験対策とは別に卒業制作を進めていきます。

この他に、3年の間に年3回の大きなコンペ(高校展)(芸文祭)にも出品します。息子も何度も入選、入賞をしてきました。これは希望者だけの参加ですが、積極的に参加するように勧めました。後に大学受験や就職にもプラスになるからです。

高校から美術系の学校に行くのはそれなりのメリットとデメリットがあります。

芸大、美大を受験するには、受験したい大学に強い予備校(画塾)に通うのが普通の道ですが、美術系高校に進学すると、予備校(画塾)に通う必要はありません。学校で対策してくれるからです。これが一つ目のメリットです。

そして二つ目のメリットは、大学に入るまでに、ひと通りの美術体験ができ、受験する学科を決められるということです。これが一番大きいメリットだと思います。
息子は高校で色んな科目を体験した結果、迷いなくデザイン学科を受験して、コロナ禍でも苦労なく就職が決まりました。
私立芸大美大のデザイン学科は今も昔も100%と言って良い就職率です。

息子は推薦で大阪芸大を受験しましたが、試験は実技のみで学科はありません。美術系高校のデメリットは、学科授業が少なくなることです。技術が上達する分、学力は下がってしまいます。

絵が描けるとどんな職業に就けるの?美術の先生やアーティストだけじゃないの?
という疑問は以前のかなかなノートのからご覧ください↓
美術、造形、専門高校について

そして娘の場合です。娘は高校入学時点で、『高校では音楽をしたいけど、大学は美術で行きたいので浪人させて欲しい!』と懇願されました。

娘は豊中高校の普通科に進学しました。中学生の時点で芸大に行くと決めていたようですが、どうしてもトヨスイ(豊中高校吹奏楽部)に入りたい、という夢がありました。
吹奏楽をやっていた3年生の途中までは予備校(画塾)に通うのは無理でした。引退してから9ヶ月間受験対策で予備校(画塾)に通いましたが、その短い期間ではやはり合格できませんでした。そしてこの1年間、コロナ禍もあってオンライン受講もしながら、みっちり予備校(画塾)にて絵を描く毎日でした。娘は勉強も得意でしたので、学科重視な京都市立芸大を目指していました。センター試験、共通テスト対策は自分で勉強していました。

普通科から芸大美大に進むメリットは、学科勉強がしっかりできることです。国公立の大学に進みたいなら共通テストがありますので、美術科ではなく、普通科の高校でしっかり勉強するのがお勧めです。

デメリットとしては、基本は予備校(画塾)では受験対策しかできないことです。芸大美大と言っても、学科や専攻は種類が多くあって、何科を受験したら良いのか?または自分が何をしたいのか?何に合っているのか?を決めて受験できないことです。
娘は京都市立芸大は美術科、大阪芸大はデザイン科、武蔵野美大はプロダクトデザイン科、多摩美大は環境デザイン科、を受けていました。受験した大学全て合格しましたが、何をしたいのか?よくわからない結果です。でもとにかく芸大美大に行くと絵は描ける!というので娘の場合は手当たり次第、興味のありそうなところを受けた感じになりました。

そして、京芸は実技と学科の両方の点数の合算で合格点が決まります。娘はどちらかというと、学科の点数が高めで合格しているため、大学に入ってからが大変です。実技の点数が高めで合格した子や、美術系高校から合格してる子にはまだ追いついていないからです。娘はこれからまた苦労しますが、好きなことなので頑張れることでしょう。
そして、息子と違って公立芸大、美術科の娘は就職に苦労することになるでしょう。

こんな感じで、我が子は全然違う方向から違う芸大への進学となりました。
(私立芸大、公立芸大のメリット、デメリットもあります。こちらはまたいつかご紹介しますね)

私としてはアートとは全く違う世界を見たかったのもありますが、子ども達は私とは違う専攻を選択してくれたのは嬉しいです(私は空間デザインでした)。
これからは子ども達を通して、私の知らないデザイン、アートの世界を勉強させてもらいます!

ちなみに、私は大学卒業後ディスプレイ業界ではトップ企業にて、5年間空間デザイナーとして働きましたが、阪神大震災を機にデザイナーに疑問を感じて退社。アートを一から勉強するためにNYに渡り、その後は好きな版画を中心に、好きな子ども達を対象に、アトリエを設計、設立しました。今の仕事は私の天職だと思っています!
私のことについては、またいつか、ここに少しずつノートしていきたいな〜と思っています。

 

かなかなでは、受験対策クラスは設けておりませんが、小さい頃から子どもクラスに通ってくださっているメンバーに限り、受験対策のお手伝いもさせていただいております。
お気軽にご相談くださいね。

※写真は娘の受験対策での課題、デッサン、色彩、立体です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です